PostgreSQL8.2のソースインストール

既存の(rpm版)PostgreSQLのアンインストール

rpm版のPostgreSQLが入っている場合これをアンインストールしてからインストールします。

/etc/init.d/postgresql をとっておく

cp /etc/init.d/postgresql /tmp

rpm版PostgreSQLのアンインストール

rpm -e postgresql-devel
rpm -e postgresql-pl
rpm -e postgresql-test
rpm -e postgresql-server
rpm -e freeradius-postgresql
rpm -e postgresql-contrib
rpm -e postgresql-docs
rpm -e postgresql

PostgreSQL8.2のインストール

ソースのダウンロード

cd /root/install/arc
wget ftp://ftp.jp.postgresql.org/source/v8.2.7/postgresql-8.2.7.tar.gz

解凍

tar xvzf postgresql-8.2.7.tar.gz

インストール

cd postgresql-8.2.7
./configure
gmake
su
gmake install
adduser postgres
mkdir /usr/local/pgsql/data
chown postgres /usr/local/pgsql/data
su - postgres
/usr/local/pgsql/bin/initdb -D /usr/local/pgsql/data
/usr/local/pgsql/bin/postmaster -D /usr/local/pgsql/data >logfile 2>&1 &

※postgresのshellがbashでないと、「曖昧なリダイレクト出力です」と表示される
⇒/etc/passwd でpostgres のシェルをbashに変更(vipw)

正常にインストールされているかのテスト

/usr/local/pgsql/bin/createdb test
/usr/local/pgsql/bin/psql test
/usr/local/pgsql/bin/dropdb test

自動起動ファイルの設定

/etc/init.d/postgresql の編集
先ほどコピーしておいた /root/postgresql を下記の通り編集し
/etc/init.d/postgresql として保存します。

PGVERSION=8.2.1 (7.4.*⇒8.2.7に)

export PGDATA=/var/lib/pgsql

をコメントアウトし

export PGDATA=/usr/local/pgsql

export PGDATA=/var/lib/pgsql/data

をコメントアウトし

export PGDATA=/usr/local/pgsql/data

自動起動の設定

chkconfig --level 345 postgresql on

ライブラリの適用

/etc/ld.so.conf に /usr/local/pgsql/lib を追加し

ldconfig -v
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - PostgreSQL8.2のソースインストール
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です